司法書士 ホームページ 制作

司法書士地域一番化計画
司法書士ホームページ制作 > 司法書士ホームページ制作のこだわり

 

司法書士のホームページ制作は、どのホームページ制作会社でもできるの?

ホームページを制作するホームページ制作会社は、日本中に数え切れないほど存在します。

ホームページ制作会社の多くは、個人や小規模な会社です。

一般的なホームページ制作会社は、様々な業種から依頼を受け、ホームページを制作しています。

・整体院

・学習塾

・司法書士

・行政書士

・税理士

・弁護士

・飲食

・美容院

・不動産仲介

・フォトスタジオ

・人材派遣

・塗装

・建築

・印刷

・保険

・歯科

・引越

など

など

数え切れない業種で、ホームページ制作のニーズはあり、

ホームページ制作会社は、業種を絞らずに、

様々な業種のホームページの制作を行っています。

そして、大多数のホームページは、集客が上手くいっていません。

 

 

業種が違えば、お客様は異なります。

業種が異なれば、集客の方法は異なります。

集客を成功させるには、お客様のニーズを分析し、お客様に適したマーケティングを行う必要があります。

 

司法書士の場合、

不動産登記をメインに業務を行っている司法書士は、

債務整理については詳しくありません。

その逆も然りです。

 

不動産登記をメインに行っている司法書士に、債務整理を依頼したら、

良い結果はでるのでしょうか?

答えは、司法書士の先生なら、おわかりだと思います。

 

 

弊社のこだわりの1つは、

ホームページの制作は、司法書士業務、土地家屋調査士業務、弁護士業務に絞っていることです。

 

弊社の代表が土地家屋調査士であり、司法書士と一緒に業務を行っており、

弁護士とも連携して業務を行っているため、

それぞれの業務のことを理解しています。

 

ですから、お客様のニーズを把握し、お客様に適したマーケティングが可能であり、結果がついてきます。

 

 

 

仮に、

弊社に税理士業務についてのホームページ依頼があった場合、

そこそこのホームページを制作することができるでしょうが、

地域で1番のホームページを制作することはできないでしょう。

 

同じ士業であっても、税理士のお客様のニーズを把握していませんし、

税理士はビジネスモデルが全く異なるため、お客様に適したマーケティングを行うことが困難なのです。

 

 

司法書士の業務を理解している強み

ホームページを制作する際に、ハードルの1つに、コンテンツの作成及び編集・更新があります。

コンテンツというものは、

Q&A、事務所の紹介、所長の業務に対しての想い、業務日誌、用語集などのことを指します。

例えば、『債務整理とは』というQ&Aを作ろうとすると、ホームページ制作会社は作ることができません。

しかし、司法書士業務に詳しい弊社であれば作成可能です。

 

多くの司法書士は、専門知識はありますが、

どのようにホームページに掲載する文章を作成したら良いのかわかりません。

 

そこで、弊社がコンテンツを作成し、司法書士が監修をし、ホームページのコンテンツを作成します。

GoogleやYahooでの検索順位を上げるには、多くのコンテンツを作成することが必須です。

司法書士業務のコンテンツを作成できないホームページ制作会社では、おのずと限界があるでしょう。

 

司法書士業務を理解していない人が、コンテンツを作成することはかなり困難です。

司法書士業務を理解し、コンテンツを作成できるようになるには多くの時間が必要です。

それまでの費用は誰が負担するのでしょう。

しかし、弊社は日々作成しており、それが可能です。

 

 

ビジネスは、ビジネスモデルが一番重要です

債務整理で、自己破産や任意整理を断り、過払い金だけを狙い、

多くの利益を出した司法書士や弁護士は少なくありません。

短期的なビジネスモデルとしては、正解なのかも知れません。

 

しかし、本当に正解かというと、失敗ではないでしょうか。

 

過払いだけを行っていれば、補助者にはわかります。

対外的にはつくろえても、内部の人にはわかり、その結果どうなるでしょうか。

モチベーションは下がるでしょう。

優れた人材は離れていくでしょう。

 

また、儲かるビジネスは、参入者が多く、短期間で、儲かるビジネスとしては終焉を迎えます。

そうなった時に、業務の軌道修正はとても大変です。

補助者の業務を変えることは本当に難しいです。

債務整理業務をしていて、登記業務に、簡単に変えることはできないでしょう。

 

 

利益がないビジネスでは、 司法書士事務所の経営は成り立ちませんが、

そこそこ利益のあるビジネスであれば、新規参入者は少なく、

そのビジネスに専念していれば、スキルが身につき、時間が味方となり、

新規参入者を圧倒することができるでしょう。

 

そんなビジネスモデルを構築すべきです。

 

ホームページを制作し、集客を図ることは大事ですが、

先生のビジネスモデルは、どうでしょうか?

 

まずは、どのようなビジネスモデルにするのかを検討すべきです。

 

弊社は、ビジネスモデルの提案を行っております。

1年後、2年後、3年後、

真の専門家となり、

70歳、80歳になっても、

ある専門分野の第一人者として、

司法書士を続けることができるように、導くことが弊社の使命であると考えております。

 

 

 

司法書士マーケティング メルマガ登録フォーム
お名前
   ニックネームOK
メールアドレス

メニュー

司法書士地域一番化計画

営業時間

対応エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森,秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(長野市、松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋),三重(津),奈良(奈良市),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多),佐賀,長崎県,大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)