司法書士 ホームページ 制作

 

司法書士マーケティング メルマガ登録フォーム
お名前
   ニックネームOK
メールアドレス

司法書士のホームページ制作

司法書士に特化したホームページ制作

司法書士の悩みや問題

 

ホームページを作っても集客がうまくいかないお客さんが来ない

問い合わせがあっても、依頼にならない

集客し仕事を増やしたいが、どうしたら良いのかわからない

変なお客様が多くて(多くなって)ストレスが多い

自分の市場にライバルが参入してきて、仕事が減っている

広告(新聞、雑誌、ネット、PPCなど)を出しても思うように集客ができない

仕事を得るための付き合いが頻繁にあり疲れている

事務所を維持していけるか心配でしかたがない、生き残る道がみえない

この先、司法書士で食べて行けるか将来が不安

司法書士の依頼を増やし、売上・収入を増やしたい

不動産仲介業者からにマージンを支払うのは嫌だな

ミスをして、銀行・信用金庫からいつ切られるか心配

司法書士をやっていて疲れた

 

 

これらは、司法書士の先生から受けた悩みの一部です。

司法書士の先生と話していると、共通の問題点が見えてきます。

それは、『自分に合ったお客様を効率的に、永続的に集客することができていない』ということです。

 

司法書士のホームページ制作の悩み

 

司法書士は飽和状態司法書士の数は増加し、司法書士は飽和状態です。

そのため、司法書士の『集客』は非常に難しくなっています。

 

大きな司法書士法人や、

大きな司法書士事務所は、

営業マンを雇い、住宅メーカーや金融機関に飛び込み営業をしたり、

住宅ローンの代理店をしたり、

不動産仲介業を始めたり、

 

ホームページ制作のプロを雇い、

ホームページを制作し、広告を打ち、

集客に注力し、多くの依頼を勝ち得ています。

 

小さな個人の司法書士事務所では、太刀打できず、ジリ貧になってきています。

 

集客のノウハウのない司法書士事務所の先生は、

飛び込み営業は苦手、もしくは営業しても相手にされず、

ホームページを制作しても、広告を出しても集客ができず、

経営は益々苦しくなります。

集客できないことで頭を抱えている司法書士の先生ばかりなのが現状です。

 

 

『安定した集客』と、『お客様への対応の改善』ができれば、多くのお客様から依頼を受けることができます。

そして、先生の司法書士事務所の経営は安定し、未来は、老後は、明るいものとなります。

 

 

司法書士向けのホームページ制作 依頼数を増やし下請けから脱却<

 

仕事の関係上、司法書士の先生と一緒にビジネスを行うのですが、

そのうち、司法書士の先生からマーケティング全般、集客代行の依頼を受け、

司法書士のホームページを多数制作するようになりました。

 

土地家屋調査士ということもあり、司法書士の置かれた状況や、問題点は理解しています。

どこをターゲットにすべきか、

下請けの下流から上流に移るには、

どのようにすれば、司法書士として安定した事務所経営が図れるのか研究を行ってきました。

答えは、とてもシンプルなものでした。

 

司法書士のホームページ制作の秘密

司法書士 集客という難し問題を解決できる方法を知りたいですか?

 

問題や悩みをいくつか挙げてみましたが、司法書士の先生には1つでも当てはまることがありましたか?

そして、これらの悩みを解決したいと思いませんか?

というよりも、

 

 

効率の良い集客方法がわからない。

こんな相談は非常に多いです。

 

何をどうすれば集客できるのか、何が一番良い集客方法なのかこれは難しい問題です。

しかし、集客を解決する方法はあります。

 

 

 

 

開業初年度、

相談件数 3,012件

依頼件数 689件

この数字は、ある司法書士の先生の、開業初年度に達成した数字です。

 

私たちが、ホームページ(hp)を制作し、

YahooやGoogleなどの検索結果を1位にするSEOを行い、

ホームページを改良し成約率を高めることで、低単価でのPPC広告(ネット広告)を行い、

新聞広告を出したり、

チラシを撒いたり、

多くの集客ができるようにマーケティングを行いました。

 

この司法書士の先生は、ホームページを使って集客を始めたとたん、

鳴らなかった電話が鳴るようになり、 毎日、毎日問い合わせがありました。

集客に一切困らない司法書士事務所になりました。

そして、初年度の売り上げが3億円を超えました。

 

 

「でも、それは運が良かっただけじゃないの?」

「自分の場合は上手くいかないかもしれない!」

「ホームページを制作し持っているけど、集客なんか全然上手くいっていない!」

こんな声が聞こえてきそうですが、それは違います。

 

卓越したホームページ集客とは

私たちが制作したホームページのデータをご覧ください。

訪問者数は右肩上がり、

現在、1日に2000人を超える訪問者数です。

司法書士ホームページアクセス解析

どのようにすれば、このように多くの訪問者が増えるのでしょうか?

 

 

ホームページへの訪問者を増やすには、大きく3つの方法があります。

1:PPC広告(ネット広告)

2:SEO(検索エンジン対策)

3:ブログやツイッター、facebookなどのソーシャルメディからの誘導

この中でも、1と2の併用がベターです。

 

 

ネット広告(PPC広告)は、テクニックを駆使することで、

クリック率をアップし、クリック単価を低くすることが可能です。

 

上記では、広告単価を9円~16円に抑えていることがわかります。

 

広告費を抑えることで、利益が大きく増えます。

 

この表は、集客を行うため、狙っているキーワードのGoogleとYahooの検索結果を表したものです。

効果的な『SEO』を行うことで、狙ったキーワードで、ライバルを抜き、検索結果を1位を奪います。

SEOが成功することで、ホームページへの訪問者数が増えます。

SEOを継続して行うことで、集客数は右肩上がりとなります。

私たちのSEOは、リンクを張るという低次元のものではありません。

 

ホームページの訪問者が増えても、ざるのように抜けていっては、お客様は増えません。

 

 

 

司法書士のホームページを制作する場合、最低限、この3つが必要です。

 

 1: 先生が、お客様の求める分野の専門家である事を伝えること。

2: 先生が、任せて安心であると客観的に判断され信用されること。

3: ホームページを見たお客様が先生のファンになること。

 

この3つです。 なぜ、この3つなのでしょうか?

では、その必要な3つを今から説明します。

 

先生が、お客様(依頼者)の求める分野の専門家であることを伝えること

お客様はなぜ司法書士に依頼するのでしょうか?

お客様は、困っている問題を解決したい、手続きを依頼したいからではないでしょうか。

 

問題を解決するには、その問題を解決できる専門家に依頼したいと考えていると思いませんか?

お客様は、その問題を解決できる知識があり経験豊富な司法書士を探しているのではないでしょうか。

 

お客様は、ホームページを見た時に、自分の問題を解決できる専門家である司法書士かどうか判断します。

 

ホームページに、

「相続」、

「贈与」、

「成年後見」、

「不動産登記」、

「会社設立」、

「債務整理」、

など、

数多くの専門分野のことが書いてあるホームページを見たらどう思うでしょうか?

 

「この司法書士事務所は、何でもできる「何でも屋」なのね」

「私が探しているのは、求める分野に特化した専門家の司法書士なの」

「他を探さなくちゃ」

 

こんなことになるのではないでしょうか。

 

お客様は、自分の問題を解決できる、その分野に特化した専門家を探しているのです。

 

 

先生が、任せて安心であると客観的に判断され信用されること

次に、お客様の問題を解決できる分野の専門家である司法書士であるかどうか、

お客様はどうやって判断するのでしょうか?

 

司法書士のホームページにおいて、判断材料になるものは、

● 豊富な知識や経験があるのか

● 先生に依頼されたお客様の評判がよいのか

● 先生のその分野での実績はどうなのか

● 出版されている専門家なのか

 

このような事柄から判断しませんか?

 

ホームページに、先生が任せて、安心できる専門家であることを客観的に判断してもらう材料を

用意することが必要です。

 

何もないのに、信用してくれと言っても、誰も信用しないですよね。

 

お客様が、先生のファンになること

お客様は、先生が求める専門家であり、

知識も経験も豊富で信用できることが分かりました。

『この2つが満たされていれば、お客様は先生にお願いします』

と依頼してくる可能性は高いですが、

お客様が、相談や依頼をする確率を上げることが可能です。

 

それは、どのような先生であるのか伝えることです。

 

お客様は依頼するにあたり様々な不安があります。

先生は、どのような考えの人だろうか?

先生は、話しやすい人だろうか?

先生は、自分のことに親身に対応してくれるだろうか?

 

お客様は、司法書士に相談や依頼をしようと思う時、心配事はたくさんあります。

 

こういった不安をホームページで取り除くことで、

お客様は先生を信頼し、そして先生のファンになります。

 

 

ホームページ制作も、本当の専門家にお願いしたくありませんか?

ホームページの制作も司法書士と同じです。

 

どんな業種でも、依頼があれば、ホームページを制作するような、

何でも屋さんのようなホームページ制作会社に依頼すれば、集客できるようになるのでしょうか?

 

先生は、どのようなホームページ制作会社を探しているのですか?

 

おそらく、

司法書士の業務のことを理解し、

司法書の集客に精通した、

司法書士のホームページ制作に特化した、

実績のあるホームページ制作会社を探しているのではないでしょうか。

 

 

 

別の例では、

医者は専門分野によってすみわけがはっきり分かれています。

 

例えば、

咳があり、熱がある場合、どのような医者に診察してもらおうと考えるでしょうか。

おそらく、

風邪をひいたかなと考え、

街の小さな内科医に診てもらおうと考えます。

決して、『眼科』や『皮膚科』、『外科』で診てもらおうとは思わないでしょう。

 

ホームページ制作会社も、求める専門分野を得意とする、実績のある専門家に依頼した方がよいのです。

 

一般的な司法書士のホームページを制作しては、なぜダメなのか

しかし、集客することができない一般的なホームページではいけません。

 

名刺のような、

行っている業務

事務所の住所と連絡先

所長の挨拶、

しか掲載されていないホームページをよく見かけます。

 

ホームページ制作会社のほとんどは、このようなホームページを制作しています。

 

このようなホームページは良いのでしょうか?

 

名刺のようなホームページを作成し、

インターネット上に広告を掲載しても、

お客様から問い合わせはありません。

 

以前は、名刺のようなホームページでも、集客ができた時期がありましたが、

現在は、集客は困難です。

 

では、どのようなホームページを制作すればよいのでしょうか?

 

 

 

先生の専門分野に特化したホームページを制作すること、これは集客において必須です。

集客が上手くいっている司法書士事務所は、

専門に特化したホームページを制作しています。

専門分野が複数ある大きな司法書士事務所は、

専門分野毎に1つのホームページを制作しています。

 

 

私たちは、

各分野の専門に特化したホームページを制作し、

先生の集客のお手伝いをさせていただこうと考えています。

 

 

私たちが制作したホームページには、4つの特徴があります。

他のホームページ制作会社には無い特徴です。

 

4つの特徴

 

 

一般的なホームページ制作会社が制作するホームページには、集客するノウハウはありません。

もちろん、信頼関係を築くこともできません。

 

 

多くのホームページ制作会社は、下請けのホームページを作成するフリーランスなどに、

ホームページの制作を丸投げし、

体裁だけを整えて、依頼者にホームページを提供しています。

 

信託銀行が高い費用を取り、相続業務を司法書士に丸投げしているのと変わりません。

 

下請けのホームページを作成する人は、依頼者のために一生懸命頑張るでしょうか?

下請けをされている司法書士の先生であれば、気持ちがわかるでしょう。

 

2008年頃であれば、質の低いホームページでもライバルが少ないため集客ができました。

しかし、ライバルである司法書士のホームページが大幅に増え、

飽和している現在では、集客は困難です。

 

 

もちろん、質の低いホームページでは、お客様と信頼関係を気づくことは容易ではありません。

 

多くの依頼を受け、大きな利益を得るための司法書士に適したホームページの費用は、

いくらすると思いますか?、

続きは、こちらの大きな青のボタンをクリックして下さい。

集客し儲かるホームページを観る

 

 

 

メニュー

司法書士地域一番化計画

営業時間

対応エリア 日本国内

北海道(札幌,函館,旭川),青森,秋田県(秋田市),岩手(盛岡),山形,宮城(仙台),福島,新潟,群馬(前橋),栃木(宇都宮),茨城(水戸),千葉県(千葉),埼玉(さいたま市),東京都, 神奈川(横浜) 静岡,山梨(甲府),長野(長野市、松本),富山, 石川(金沢),福井, 滋賀(大津), 岐阜(岐阜市),愛知(名古屋),三重(津),奈良(奈良市),和歌山,大阪府(大阪),京都府,兵庫(神戸),岡山,鳥取,島根(松江),広島(広島市),山口,香川(高松),徳島,愛媛(松山),高知,福岡(博多),佐賀,長崎県,大分,宮崎,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)